世田谷区の歯科医院。 梅ヶ丘歯科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3427-5047

〒154-0022 東京都世田谷区梅丘1-23-5

治療方針policy&FAQ

方針イメージ

診療方針

 当院では、患者さんに評価される歯科診療を常に目指し、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、 カウンセリングを重視した診療を心がけております。お一人お一人に合った最善の方法で、できる限り1本でも多くの歯を残し、 ご自分の歯で噛める喜びを味わって頂ける様、お手伝いさせて頂けたら幸いです。 十人十色、百人百様、それぞれの患者さんに合わせた治療が最も良い歯科診療ではないでしょうか?

インフォームドコンセントを重視

わかりやすく、ご説明いたします。 まず、デジタルX線やモニターカメラなどを使い、お口の中の状態を拝見し十分な診査を行います。

モニターカメラ口腔外バキュームとモニターカメラ

歯の模型、資料、図などを使い現在の歯の病状と治療法をご説明いたします。また、治療時間や費用などを含めた治療計画を立て、 患者さんご本人の同意を得た後、治療を開始いたします。治療時間は30分~60分で、完全予約制です。 新患・急患の方は随時、受付けております。

なるべく抜かない、削らない

できるかぎり、ご自分の歯を使う
できるかぎり、ご自分の歯で噛む

ハイビスカスの黄

必要最小限に、削る量をおさえる
今より、またはこれ以上、新たな虫歯を作らないことが大事です。 「治療から予防へ」 そのためにメインテナンスと歯のクリーニングに力を入れております。

痛くない 怖くない治療を目指します

当院では、スプレー式の表面麻酔(お子様にはバナナ味の塗り薬ジェル)を行った後、痛みを極力抑えることができる電動注射器を使用しておりますので、 ゆっくりと痛くない様な麻酔を行っております。

赤い灯台と空

また、数回に分けて麻酔を行うことで、痛みが少なくなる様、心がけております。

万全な院内感染防止対策

当院では、安心して治療を受けていただける様、HIV、B型肝炎、C型肝炎などの感染防止対策として、使用した器具類はその都度、 完全滅菌しております。

1.使用した器具類はベンゼトニウム塩化物溶液に浸水し消毒をします。 これは、グラム陽性菌、グラム陰性菌、糸状菌などの菌類を殺菌し、また微生物の増殖を抑制する効果もあります。
2.ベンゼトニウム塩化物溶液に浸水した器具類はその後、グルタラ−ル製剤消毒液に浸水します。 これは、化学的殺菌効果のある消毒剤でウィルスに有効です。
3.これで、ほぼ完璧ですが、最後に万全な対策として個別の滅菌パックに入れ、 高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)という器械で132℃という高温で滅菌します。
滅菌パック 高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

時間もかかり、大変な手間ですが患者の皆様が安心して通院して頂ける様にとスタッフが日々、頑張っております。 根管治療などで使用したファイル(リーマー)はその都度、グルタラ−ル製剤消毒液に浸水し、完全滅菌しております。 注射針、エプロン、コップ、ヘッドカバーは使い捨てタイプを使用しております。

最新情報を院内に掲示しています

当院では、皆様に是非お知らせしたい治療法や最新情報を院内に掲示しております。 今後も新しい情報が入り次第、掲示して参ります。

最新情報の掲示

月ごとには、デンティストアイ、また、年間では春、夏、秋、冬号として四季折々の情報やお知らせ (歯科以外の情報も含め)、「こんにちは」という小冊子をお配りしております。

最新情報の掲示
その他
  1. 最新のデジタルレントゲンにより、従来のX線量の数分の一の量でレントゲン撮影ができる身体に優しいものを使用しております。 また、撮影後はすぐにご覧いただくことができます。
  2. モニターを使用し、奥歯や歯の裏側など、ご自分ではよく見えない所や虫歯などカメラで確認して頂いた上で治療に取りかかり、 治療前と治療後で比較して確認していただけます。
  3. 診療室はすべてパーテーションで区切り、患者さんのプライバシーが守られます。
  4. 接着剤やセメント類は虫歯の再発を防ぎ、また脱離しにくいフッ素含有のものを使用しております。

治療の流れ
お口の中の診療 まず、お口の中の状態を拝見し、応急処置が必要であるのか、虫歯の治療や、歯周病の治療が必要であるのかを判断していきます。
やじるし
応急処置 痛みがあったり、被せてあった金属が取れてしまい、上手く噛めないなど、緊急の処置が必要な場合にはまず、その場で応急処置を行います。
やじるし
レントゲン・口膣撮影など 必要に応じ、お口全体のレントゲン撮影、または、傷みのある歯や虫歯になっている歯の部分的なデンタル撮影。また、モニターによる口腔内撮影を行い、虫歯の状態や歯の根の状態など、随時ご説明させていただきます。
やじるし
カウンセリング 当院では、出来る限り、歯を抜くことを避け、1本でも多く、ご自分の歯で噛める喜びを味わって頂きたいということをモットーにしております。
カウンセリングでは、お口の中の状態に基づいた治療計画、治療回数、治療費、また、お口の中のお悩みや疑問にお答えし、納得していただけるまでご説明させて頂きます。
やじるし
治療 治療計画に基づいてプランニングし、お口の中の清掃や治療を行っていきます。
お一人お一人に合った最善の治療方法を提案いたします。
やじるし
お口の中の診療 治療終了後、お口の中の状態が良好であるかどうかを拝見し、維持していただくために、症状に応じて、早い方では2〜3ヶ月、お忙しい方でもせめて半年に1回はメンテナンスを行い、再発や歯周病の予防に努めています。

定期健診

定期検診

できれば行きたくない所の1つに歯科医院がある、と思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか? 虫歯になってしまったから、 あるいは、痛みがひどくて寝られないから仕方なく行こうと思う方もいらっしゃいませんか?
でも、虫歯をそのまま放っておくと、どんどん奥まで進行してしまい、挙句の果てには、抜かなくてはならない、 という悲惨な結果になってしまうこともあります。
お口の中は、なかなかご自分の目では確認することは難しいものです。ただ残念なことに、 失った歯はもう二度と生えてくることはないのです。
特に下の前歯の裏側などは、どなたでも歯石が付き易い所なのに、ご自分ではなかなか見えません。 プラークが付いたまま放っておくと歯石になってしまい、 もはや歯ブラシでは落とせなくなってしまうのです。
久しぶりに歯科医院に行き、お口の中のモニター写真をご覧になって、絶句した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

虫歯になる前に早期発見!

歯のクリーニング、ブラッシング指導など、虫歯や気づかないうちに進行していく歯周病を予防し、 大切なご自分の歯を1本でも多く残して頂くために私達スタッフは皆様に協力する努力を惜しみません。
ご一緒にプラークコントロールをしていきましょう!

失った歯は、二度と元に戻らない。だからこそ予防に力を入れて。
歯は治療より予防です。

定期検診を受けよう!

歯は体のほかの器官と違って、一度ある程度の虫歯や歯周病にかかってしまうと、自然治癒するということはありません。
ましてや、削ったり抜いたりした歯は二度と元に戻らないもの。歯の大切さを考えたら、できてしまった虫歯をそのつど治療するという対処療法より、 できるだけ虫歯にならないように、予防に力を入れるほうが賢い方法といえます。
予防は、家での歯磨きや食生活に気をつけるとともに、歯科医と協力して行っていくことが大切。虫歯や歯周病の初期は、 自覚症状が少なく、自分ではわかりにくいもの。定期的に検診を受けて、これらの病気をチェックしてもらいましょう。発見が早ければ、 その後の経過しだいによってエナメル質が再びかたくなり(再石灰化)、虫歯が進行する可能性が低くなることもあります。 虫歯になりやすいなどのお口の中のリスクは人によって違いますので、歯科医と相談して、自分に合った頻度で検診を受けましょう。 また、お口の中のお写真をお撮りすることによって、現在の歯の状態が良く分かります。

検診では、その方に合わせたチェックをいたします。

検診では、虫歯や歯周病などのひととおりの検査とともに、最後にかかったカルテをもとに、その方がなりやすい疾患を重点的に拝見いたします。 たとえば虫歯を治療していた方なら歯の状態を、歯周病にかかっていた方なら歯肉の状態を詳しく拝見いたします。 これは、かかりつけの歯医をもった方の強みでお口の中の状況を把握できておりますので少ない時間で効果的な検診を受けていただくことができます。

検診を受ける目安
乳幼児 2〜3ヶ月に一度 乳歯が生えたらまずは、一度検診に。その後は2〜3ヶ月おきに虫歯がないか、生え方に異常がないかをみてもらおう。 おとな 3〜4ヶ月〜半年に一度 虫歯だけでなく、歯周病も気になる次期。忙しくても面倒くさがらずに半年〜1年に一度は検診に行こう
子供 3〜6ヶ月に一度 虫歯になりやすい子は3ヶ月に一度、きちんと歯磨きができている子でも6ヶ月に一度は検診に。 老人

3〜4ヶ月〜半
年に一度

義歯を使っている人は、調整のため半年〜1年に一度は検診に。歯の老化も始まっているので、定期的に通おう。
ペース

梅ヶ丘歯科クリニック

〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-23-5
TEL 03-3427-5047
FAX 03-3427-5047